京都のウェブデザイナー krate:cre(クラテクル)

ブログ

はやいもので、もう年の瀬です。

あっという間に年の瀬です。このブログも1年に1〜2回の更新です。

2年目の今年は昨年以上に新しい出会いがありました。たくさんのお仕事もさせていただき、とても充実した1年でした。

お仕事でご一緒させていただいた方々には、未熟さゆえにご迷惑をおかけすることもありましたが、 その経験こそが、ひとつの仕事をやり終えた時に感謝の気持ちと自己成長を実感させてくれました。

世の中の流れや他と比較して、必要以上に焦ったり落ち込んだりしながら、とにかく目の前の仕事でめいいっぱいだったのが1年目だったとしたら、 そんな自分や取り巻く環境を瞰視しつつ、「私の役割は何なのか」「私は何がしたいのか」「私はどうしていきたいのか」などを考え、 ほんの少しだけゆとりを持って仕事に取り組めるようになってきたのが2年目だったように思います。 (といっても、後半でやっとですけどね。)

私はデザインだけに特化するのではなく、ウェブサイト制作に総合的に携わるスタンスで仕事をしてきました。 それは状況次第ではメリットにもなるし、デメリットにもなります。 今日のように進化が絶えないウェブ業界では、各工程で先端的な技術力が求められることも多々あります。 そういった場面に遭遇すると、やはり得意に集中した方がいいのかと考えることもありました。

また、フリーランスをしていると「会社にしないの?」と聞かれることもありました。

「私は中途半端なのだろうか」「もっと上を目指して走り続けなければならないのだろうか」などと思いながらも、 結局は何かを変えることはなく、自分の心や感覚が赴くままに仕事に取り組んできました。

12月のはじめ頃、あるキャリアを積まれたグラフィックデザイナーの方のブログ記事を読んで、とても感銘を受けました。

内容は商業デザイナーを志す若手に向けた記事でしたが、「ムダに焦る必要はなくて、頑張り過ぎる必要もない。等身大の自分は見失わずに、自分なりのペース配分は守ったほうがいい。」という言葉は、今の自分にとてもしっくりとくるものでした。

著者であるデザイナーの方の仕事に対するスタンスに、肩の力を抜くことができ、それでいて「私らしく頑張ろう」というポジティブな気持ちにもさせてくれました。

私の役割はもっと身近なところにあって、私のできることで誰かの役に立てれたら、それが私のやりたいことなんじゃないかなと思います。 もちろん、そのための努力はこれまでと変わらず怠るつもりはありません。

来年2月には、クラテクルも3年目です。3年目のナンチャラです。
(あ、これはあんまり意味はないです。)

3年目の私は、自分の歩みにもっと自信が持てるようになれればいいな、そんな仕事をしていきたいなと思います。

さて、今年も「オールザッツ漫才 2013」と「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」を見て、のんびり年越ししたいと思います。

ちょっと早いですが、みなさまにとっても新しい1年が良い年でありますように。

引用記事:
商業デザイナーとして遅かれ早かれ突き当たるであろういくつかの壁 

blog

クラテクル1周年を迎えました。

2月1日でクラテクルも1周年を迎えました。(もう1ヶ月が過ぎてしまいましたが…。)

1年を振り返るとほんとーにいろいろありました。

1年前の私はフリーランスでやっていくということの良い面と大変な面をきちんと理解できていなかったと思います。もちろん、そんなに楽天的な性格ではない(むしろ、先走って考えるタイプです。)ので、大変な面を考えていなかったわけではありませんが、実際には自分が想像するよりも、また、想像していたこととは違ったところで、いろんな壁にぶつかりました。

壁にぶつかるたびに、素直にヘコみました。
ですが、そんな時はいつも家族や友人、先輩たちが助けてくださいました。

親身になって話を聞いてくださった方、助言やアドバイスをくださった方、技術的なことを惜しみもなく教えてくださった方、何も言わずに食事に誘ってくださった方、爆笑必至のYOUTUBE動画を教えてくださった方、などなど、周りの皆さんの支えがあったからこそ、こうやってなんとか1年やってこれたと心から思います。

去年惜しまれつつ引退した元阪神の金本選手が引退表明で「弱ったときに支えてくれた人は、本当に恩義を感じてます。」と話していましたが、金本選手の足元には遠く及ばないけれど、その気持にとても共感しました。

もちろん、ヘコんだだけではありません!(当たり前ですよね。)

これまでに経験のないクライアント様の仕事に取り組んだり、新しい技術にチャレンジすることで、自分の振り幅も広がり、同時にスキルアップをすることもできました。たくさんの人と出会い、いろんな価値観に触れ、刺激も受けました。

そして、直にお客様の声を聞くことができたことなどは、なによりのモチベーションアップに繋がりました。

1年目は、わからないことばかりだったので、全ては経験と思ってやってきました。
2年目は、これまでの経験や知恵を生かして、もっとフリーランスを楽しんでいきたいと思っています。

いろんなやりたいこともあります。旅もしたいし、新しい何かにワクワクしたいです。
そして、これまでどおり「心を込めた丁寧な仕事」をモットーに私らしくやっていきたいと思います。

1ヶ月遅れですが、皆様、本当に有難うございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

さぁ、3月も年度末フェス継続中ですが、気合入れて頑張ります!

kru1

遠くからでもできること

東日本大震災から1年以上の月日が経過しました。

私は、京都で暮らしているため、もっぱら被災地の状況は、テレビのニュースや新聞、Facebookなどの書き込みで知ることがほとんどです。
会社を退職したらボランティア活動に参加して、少しでも被災地のお役に立ちたいと考えていたのですが、市やボランティア団体のホームページで調べても、私にできる支援の方法がわからずにいました。

そんなとき、尊敬するwebデザイナーさん(Mさん)が頻繁に被災地に足を運ばれているのをFacebookの書き込みで知りました。お話を聞いてみると、Mさんがお勤めの会社(株式会社SINAPさん)では、webを作る技術力を生かして、その部分でのお手伝いをするというポリシーのもとに復興支援を行なっているとのことでした。 震災直後は義援金や支援物資、チャリティイベントに参加するなどはしていたものの、継続的な支援はできていなかったので、こういった形での支援の方法があることを知り、とても感銘を受けました。

今回、Mさんが携わられた案件が「陸前高田 未来商店街」さんのWebサイトです。 Mさんはデザインとサイト設計を担当されたそうです。 先日公開されたそうで、とても温かみのある、商店街の方々の姿がイメージできるステキなwebサイトでした。商店街の方々とSNSを介して集まった多くの支援者との交流、とても活気があって足を運んでみたくなりました。 私もこれから私にできる支援をいろいろ考えて実践していきたいと思います。

mirai
ページの先頭へ